北極

北極は変化を遂げています。気候変動と氷溶解の影響によるさまざまな課題に直面すると共に、新たな可能性も生まれ、これまで以上に国際協力が重要になっています。 

ノルウェーの人口の約10%が北極圏内で暮らしています。北極では、鉱物、石油、天然ガス、動物、海産物など豊かな恵みの恩恵を受けて何千年にもわたり生活が営まれてきました。気候変動と海洋生物学の研究が新しい産業を生みだすなか、バランスのとれた環境保護と持続可能な資源活用が課題となっています。科学的知識と国際法に基づく国際協力が重要であり、ノルウェーはこれを推進します。

目標

  • 平和と安定、予測可能性の構築
  • バランスのとれた環境保全と資源活用
  • 国際協力と法整備の推進
  • 北極地域における、雇用、価値創造、福祉の充実
skip@2x.png

北極における海運

北極海域における船舶運航の80%がノルウェー海域を航行しています。 2017年 1月1日に国際基準の極海コード(Polar Code)が発効し、北極海における航行要件が厳しく管理されるようになりました。

plattform@2x.png

北極の石油・ガス資源

米国地質調査所によると、世界の未発見資源の5分の1は北極圏内にあると考えられています。

ノルウェーの取り組み

  • 北方のノルウェー海域における主権と権限の行使、監視、防災および緊急時対応
  • 科学知識に基づいた資源管理
  • 海洋法の順守徹底、北極協力フォーラムとしての北極評議会の地位強化
  • イノベーションと技術開発を促進するための研究、創業、およびインフラ整備への投資
verden@2x.png

北極評議会

北極の加盟8ヵ国と、12ヵ国のオブザーバー国で構成されています。北極評議会は唯一の政府レベルの北極協力フォーラムです。

Satelitt@2x.png

通信衛星

ノルウェーの通信衛星は、資源・環境・安全管理など北極海域における各種の貴重な情報を収集・提供しています。これらのデータは、スヴァールバルで行われる研究活動や産業に欠かすことができません。