ノルウェーの芸術・文化

ノルウェーには歴史に深く根差した豊かな芸術文化があります。そしていつの時代も多くの芸術家が海外からインスピレーションを受けてきました。
写真: www.salted.no

ノルウェーの芸術・文化は世界で認められ、建築、デザイン、音楽、文学、映画等の分野における国際的な活躍に注目が集まっています。

ノルウェー政府は、芸術・文化の分野で質の高い多様性のある才能を育む環境を整備することを目指しています。芸術・文化の国際的な活躍を通して、革新的な文化国としてのノルウェーに対する関心が高まりました。

ノルウェー政府は、助成金制度や各種プロジェクトへの協力を通じて、ノルウェーのアーティストの国際的な活動を支援しています。

ヘンリック・イプセン(1828-1906)は、その作品が世界で最も多く上演されている戯曲家のひとりです。現代の戯曲家では、ヨン・フォッセの作品が広く世界で上演されています。

エドヴァルド・ムンク(1863-1944)は、代表作の絵画「叫び」で普遍的な人間の苦しみを表現しました。現代の作家ではトーリ・ヴローネスが彫刻、パフォーマンス、音楽、演劇を通じて独自の視覚的世界を創作しています。

エドヴァルド・グリーグ(1843-1907)は、国民楽派として一時代を築きました。現代では、エレクトリックダンスミュージックのカイゴや、サーミのヨイクとジャズのミックスが特徴のマリー・ボイネ、ブラック・メタルなどはノルウェー輸出文化の代表例です。

映画監督のディーヤ・カーンは、レコード制作者であり、人権擁護活動家としても知られています。またカーンは2016年にユネスコ親善大使に任命され、芸術表現の自由と創造性のための活動に携わっています。

建築の分野では、スノーヘッタがオスロのオペラハウス、アレクサンドリアの図書館、ニューヨークグラウンドゼロ追悼記念館を手がけまし。

ノルウェーの本の多くが世界中で翻訳・出版されています。カール・オーヴェ・クナウスゴールの本は30の言語に翻訳され、ジョー・ネスボ(ヨー・ネスボ)は世界のベストセラー推理小説家のひとりです。